珈琲は豆と粉はどっちか問題!!

コーヒーを楽しんでいる方も多いと思いますが、豆から挽いて飲むのか、粉の状態から淹れて飲むのかなどのこだわりがあると思います。 よりおいしいコーヒーとして飲むにどっちが豆と粉で迷っている方も多いのではないでしょうか。しかし明確な答えはなく、それぞれの好みや時間の過ごし方によって変わってくるのです。 今回は珈琲を購入する際に豆と粉ではどっちが良いのかをメリット・デメリットをベースに記事にしました。 どちらで珈琲を楽しみたいのか迷っている方の参考になる記事になっていますのでじっくり読んで自分なりに豆か粉か、もしくは両方かなどの参考にしてください。

珈琲豆と粉の違い

まず豆と粉の違いについて説明します。大きくわけると3つになります。 ①酸化の時間に違いがある (おおよそ豆と粉では酸化するスピードが20倍違いうといわれています。やはり、粉として挽いてあると酸素に触れる面積が変わってくるので、この違いがあるのです) ②豆の状態からミルで挽く時間がかかる (手動と自動タイプがありますが、ミルで豆を挽く時間がかかってしまいます) ③手軽に飲める (粉ですと、ドリップバッグタイプですとカップにつけて、お湯を注ぐだけで飲めます) 大きくわけて違う部分としては、この3つの項目になります。やはり、時間と飲みやすさの手軽さでは圧倒的に粉の方が有利になりますが、豆だと鮮度としての味が違ってきます。

おいしさの違い

上記でも少し触れましたが、豆の方が圧倒的に珈琲の味を引き出せることができます。豆での購入ですと、先ほども述べましたが、豆の味を引き出するのです。

賞味期限の違い

豆と粉では思った以上に賞味期限に差があります。一般的にいわれている賞味期限がこちらになります。 ・豆:1ヶ月〜1年(焙煎方法によって大きく異なる) ・粉:14日くらい(思ってた以上に短い賞味期限となっている) やはり、粉の状態では酸化や劣化がはやく進みことがあり、この差があります。見方によっては、約11ヶ月の差があり、長い期間保存できるのが豆の状態なのです。 この差は大きいのではないでしょうか。頻繁に毎日飲むのであれば粉の状態でも問題ないのかも知れませんが、やはりゆっくりじっくり長期間味わいたい方にとっては豆の状態が良いのかも知れません。

珈琲豆のメリット・デメリット

それでは珈琲の豆についてメリット・デメリットでわかりやすく紹介します。

珈琲豆のメリット

まずはメリットはこちらになります。 ・挽きたての味わいが楽しめる ・消費期限が長持ちする ・酸化と劣化がしにくい こちらの項目がメリットになります。

珈琲豆のデメリット

次にデメリットはこちらになります。 ・豆を挽く時間がかかる ・手軽に飲めない ・保管場所に困る 珈琲の豆のメリット・デメリットを検討して、豆での購入するかを判断してみてください。

珈琲粉のメリット・デメリット

珈琲豆と同様に珈琲の粉でもメリット・デメリットで分けてみたので参考にしてください。

珈琲粉のメリット

メリットとしてはこちらになります。 ・手軽に淹れることができる ・ミルなどの道具がいらない ・保管場所にスペースが取られない

珈琲粉のデメリット

デメリットとしてはこちらになります。 ・豆に比べて劣化がはやい ・大量に買うことが難しい ・豆よりもおいしさが半減する 珈琲も粉にもメリットもあればデメリットももちろんあります。粉での購入がいいのかどうかの参考にしてください。

まとめ:珈琲を美味しく楽しもう

珈琲豆と粉の違いについて説明してみましたがいかがでしたでしょうか? 豆と粉のそれぞれにメリット・デメリットが存在し、その特徴を活かした購入を検討するのがよいと考えています。 どちらがいいかは人によりさまざまな意見があると思いますが、最後の到達点としては、おいしい珈琲を飲むだと思います。 皆さんも色んなパターンを試しぜひ感想を頂ければと思っていますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です